芸能・テレビ

剛力彩芽アンビリバボーMC降板理由はなぜ?過去の交代との比較は?

 

剛力彩芽さんが所属していた「オスカープロモーション」を退社して、個人事務所の「ショートカット」に移籍しました。

しかし、肝心の仕事では苦戦を強いられているようです。

ドラマ出演も決まっておらず、女王と言われたCMもゼロの状態ですね。

唯一のレギュラーと言えば、「奇跡体験!アンビリバボー」だけになっています。

ところが、そのアンビリーバボーも自ら降板を申し入れた事がわかりました。

今何が起こっているのか気になりますよね。

そこでアンビリバボーMC降板理由と、以前のMC交代との比較をまとめていきたいと思います。

 

剛力彩芽アンビリバボーMC降板理由はなぜか

剛力さんのMC降板は突然だったので驚きましたね。

その理由として2つが考えられるようです。

剛力彩芽のアンビリバボーMC降板理由①

それは突然だったそうです。

剛力さんの担当マネージャーから制作会社に「この秋からアンビリーを降板させてほしい」との申し入れがあったらしいですね。

そこで理由を尋ねると「剛力が事務所をやめたがっている」との事。

アンビリバボーは初代MCの佐藤藍子さんをはじめ、ゲストもオスカー所属のタレントが多く出演していました。

当然、剛力さんも事務所のイチオシでMCに抜擢されたわけです。

しかしその後ろ盾がなくなると、MCを続ける意味がないと考えたのでしょう。

局側でも「年内にも代役を立てる方向で検討している」という事です。

両者の考えが一致しているのですから、降板は避けられないと思いますね。

剛力彩芽のアンビリバボーMC降板理由②

剛力さんは退社前から、移籍するための事務所を設立しています。

しかもその事務所の設立に、交際していた前澤友作さんが関わっていると言われていますね。

一度別れましたが、復縁のうわさが出たことで、オスカーからMCの後任の話が出たと思われます。

剛力さんは前澤さんと交際してから、イメージが変わりましたからね。

オスカーとしても事務所のカラーに合わなくなって、仕事を入れづらくなっていたようです。

 

過去のMC交代と比較すると?

「奇跡体験!アンビリバボー」は1997年10月から始まりましたが、当初はビートたけしさんがストーリーテラーを務める笑い一切なしのドキュメンタリー番組でした。

その後イメージが変わってしまいましたが、2012年の9月までの出演者が、所ジョージさん、関根勤さん、清水圭さんでそのギャラも高額だったと思われます。

フジテレビの全体の業績が悪くなって、テコ入れのため3人が降板してバナナマンの二人に代わっています。

しかしMCは剛力さんで4代目ですが、過去の3人はいずれも番組のリニューアルの時期に代わっていますね。

今回の剛力さんは異例の交代と言えそうです。

 

まとめ

今回は剛力彩芽アンビリバボーMC降板理由はなぜ?過去の交代との比較は?と言うテーマで記事を作成しました。

剛力さんのMC降板の話ですが、翌年の3月に番組自体が終了する話も浮上しているらしいです。

そうなると剛力さんの意思に関係なく、レギュラー消滅という事になりますね。

番組もそうですが、剛力さんの今後にも注目したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!