生活

男の一人暮らし!入居初日にする事と最低限揃えておきたい物とは!

入居初日にする事と最低限揃えておきたい物

進学や就職などで、初めての一人暮らしを新生活で迎える男性の方も多いと思います。

一人暮らしをワクワクして楽しみにしている方や、大丈夫か?と不安に感じている方もいるでしょう。

特に引っ越してしばらくは、やる事が多くて大変な思いをする事があります。そんな事がないように、しっかりと準備しておきましよう。

ここでは入居初日に確認しておきたいことや絶対に必要なものをあげていきます。

一人暮らし!入居初日に確認する事

引っ越しに合わせて、荷物の手配を済ませていると思いますが、その他にもやることはたくさんあります。

慌てないようにしっかり準備しましょう。

鍵を受け取る

当たり前ですが、鍵がなければ部屋に入れません。

前もって鍵を受け取っている方は忘れずに持参するようにして、初めて入居する方は不動産屋で鍵を受け取ってから住居に向かいましょう。

前もってキーホルダーなどを準備しておくといいですね!

入居日より前に鍵を受け取って準備をしたい方は、契約日に受け取れることもありますが、不動産屋によっては断られることもあります。
前もって確認しておきましょう。

ライフラインの確認

電気・水道・ガスの開通

電気、水道、ガスなどのライフラインは、入居初日から使えないととても不便な思いをします。すぐに開通手続きをして下さい。

筆者の時もそうでしたが、不動産屋と契約した時に、各ライフラインの連絡先を教えてくれると思います。あとはその連絡先に電話をすれば、すぐに開通しますので簡単に済ませる事ができます。

連絡がおわったら、電気のブレーカーをONにして、水道の元栓をチェックしましょう。

これで一安心ですね。

ガスは立ち合いが必要な事が多いです
前もって立ち会える時間を予約しておきましょう!

 

インターネットの開通

最初から部屋に回線が通っている場合は手続きは簡単ですが、そうでない場合はインターネットの契約後に工事が必要になります。

インターネットは、申し込んでから開通するまで時間がかかりますので、仕事で自宅でもパソコンを使う方やネットは絶対に必要だという方は、物件の契約が済んだらすぐに申し込みの手続きをしておきましょう。

開通には立ち合いが必要ですので、日にちの確認を忘れずに!

ネット回線が最初から通っている物件は、賃料にネット料金が含まれているのか、契約の時に確認しておきましょう!

ユッキー
ユッキー
ライフラインは入居前に開通手続しておけば安心です!

部屋全体のチェック

荷物を搬入や配置する前に、壊れている所や大きな壁のシミ・汚れがないかチェックしてください。

もしも気になる所があったら、その部分をスマホなどで撮影しておきます。

これは部屋を出ることになった時、汚れや傷が最初からあったという事を証明するためのものです。

後々、「最初からあった」「いいや、なかった」と水掛け論になったり、敷金の返還のとき、減額されたという事のないようにするために証拠を残しておきます。

撮影したらプリントアウトして契約書と一緒に保管しておけば完璧です!

部屋の掃除

初めて入居する部屋は、意外と汚れているものです。

特に床は、目立たなくてもほこりで汚れていることが多いので、出来れば荷物が到着する前に掃除を済ませておきましょう。

食事や必要なものを買いに行くついでに、ぞうきんも忘れずに購入して下さい。
できればバケツやスリッパも揃えておくと良いでしょう。

荷物の受け取り

引っ越し業者から荷物の到着時間を聞いていたら、必ずその前に部屋に入って荷受けを待ちましょう。

入居前に荷物が届いてしまうと、搬入できないことになります。

荷物の搬入が終わったら必ず業者立ち合いのもとで、個数の確認と壊れているものがないか、チェックしてください。

すべての作業が終了したら支払いをしますが、クレジットカードが使える所は少なく、現金のみの対応がほとんどです。忘れずに用意するようにして下さい。

荷解きは初日に全部しないで、すぐに必要なものだけを取り出すようにしましょう。

照明器具やスイッチの確認

きちんと明かりが点くかすべてチェックして下さい。夜になって点かないと、とても不便な思いをする事になります。

スイッチはほとんどの場合、点検済みで大丈夫だと思いますが、意外と忘れがちなのが照明器具です。

設置されているからと安心して、いざ使おうと思ったら点かない、調べたら蛍光灯や電球が切れていたという事がよくあります。

また古いアパートだと、照明器具自体が外された状態で、最初から取り付けが必要な場合もあります。こういう場合は、借主が購入や交換することが一般的です。

長期で入居するつもりなら状態や部屋の広さにもよりますが、思い切ってLED照明に変えるのも一つの手です。LED自体だいぶ安くなっているし、耐久性もよく電気代も安く済みます。

カーテンの取り付け

カーテンは意外と見落としがちです。ほとんど取り付けられていないと思うので、用意する必要があります。

カーテンがないと外からあなたの姿が丸見えで、プライバシーが守られずいくら男性の方でも落ち着いて生活できませんよね。

色々購入するものがあると思いますが、カーテンだけは真っ先に買いに行きましょう。

その時に大体の目安ではなく、きちんとサイズを測ってそれに合った物を購入するようにして下さい。

サイズは住む部屋によって様々です。カーテンは長くても短くても使いづらいものですから。

メジャーがないとき身近なもので計測する方法
 ・千円札の横の長さ 15㎝
 ・一円玉の直径 2㎝
 ・500mlのペットボトルの高さ 20cm
スマホのカメラで撮影すると長さを測れるアプリもあります

 

入居初日に必ず揃えておきたい物

入居初日はバタバタして何かをしようと思うと、『あれっ?』と思うことがよくあります。

そんな時慌てないように最低限必要なものだけでも揃えて初日を無事に乗り越えましょう。

初日に揃えたておきたい必須アイテム

●寝具
●電子レンジ
●電気ケトル
●ドライヤー
●トイレットペーパー
●タオル・バスタオル
●シャンプー・ボディーソープ
●歯ブラシ・歯磨き粉
●ぞうきん
●ゴミ袋
●スマホ・携帯の充電器

寝具

寝具は季節にもよりますが、敷布団と毛布と掛け布団が必要になります。

男性の方はベッドの方が便利ですが、初日にセッティングが間に合わない場合は、フローリングでは眠れないので、必ず布団を敷きましょう。

初日にベッドの用意まで出来たら安心して眠れますがマットの種類によって布団のセットの仕方が異なるので注意が必要です。

4~5㎝の薄いマットだったら、敷布団をそのまま敷いても底つき感がなく快適に眠れます。

しかし厚手のスプリング付きのマットレスの場合は、直接敷布団を敷いてはいけません。腰が沈みやすくなって寝心地が悪くなります。

また長時間敷きっぱなしだと、布団とマットレスの間に湿気が溜まり、カビが生えやすくなってしまいます。

厚手のマットレスの場合は、マットの上に敷きパッドやベットパッドを敷いて、その上にシーツを敷くようにしましょう。

敷布団は友人が泊まりに来た時に使えるので、予備として持っていたほうがいいです。

電子レンジ

初日に揃えなくてもいいように思いますが、慣れない土地で外食もまだ出来ないと思うし、疲れもたまっているときに、わざわざ外を出歩くという事もしたくないですよね。

そんな時に弁当を買ってきて、すぐに温めができるのはとても便利ですし、これからもなければ困る家電ですので、思い切って初日に揃えてしまいましょう。

料理にものすごく凝っている方ならともかく、男性なら温めと解凍ができるシンプルなもので十分です。

電子レンジは、『フラット式』と『ターンテーブル式』の2種類があります。

●フラット式
 ・加熱ムラが少なく、レンジ内を広く使えます。
 ・凹凸がないので掃除が楽。
 ・大きな四角の弁当がすっぽり入ります。

ターンテーブル式
 ・奥行きがないので省スペース。
 ・フラット式よりも、価格がリーズナブル。

弁当をよく温める方は、ターンテーブル式だと角が引っ掛かってうまく温められません。
掃除も楽ですし、フラット式の方が使いやすいです。

電気ケトル

電気ケトルは、お湯をガスコンロで沸かすよりもすぐ沸いてとても経済的。

カップラーメンもすぐに食べられるし、コーヒーやお茶も飲めるのであればとても重宝します。

何千円もする高いものでなくても、ドンキなどで売っている1000円台の物で十分だと思います。

ドライヤー

風呂上がりに必ず使うという方は忘れずに用意しましょう。

新しく購入しなくても実家で自分専用の物があったら、それを使用してもいいと思います。

また一緒にトニックなどの整髪料を使う方は、合わせて揃えるようにして下さい。

トイレットペーパー

必需品ですが忘れがちな物ですので真っ先に取り付けましょう。

かさばるものなので、荷物として送らなくても現地調達でOKですから、すぐに近くのスーパーやドラッグストアで購入して下さい。

ユッキー
ユッキー
急にお腹を壊したとき、ないと大変困ることになるよ!

タオル・風呂道具

忙しい一日が終わって疲れを取るために、お風呂にゆっくり入りたくなると思います。

そのためタオルや風呂道具は初日からの必需品です。

また、タオルは手を洗った時の手拭きとして、バスタオルはバスマットの代わりとして、足拭きとしても使えます。

その他に自分のこだわりの風呂グッズがあったら、それらも忘れずに用意しましょう(入浴剤やナイロンタオルなど)。

バスマットは敷きっぱなしになる事が多いので不衛生になりがち。

バスタオルだと使用した後すぐに洗濯できるので衛生的でオススメです!

洗面道具

洗面道具も風呂道具と同様に初日からの必需品です。

コップに歯ブラシと歯磨き粉を立てかけるなどして、すぐ使いやすいようにしておきましょう。

この他に、口内洗浄液・デンタルクロス・歯間ブラシなどのデンタルクロス商品を使用する方は、一緒に揃えるようにして下さい。

歯ブラシの交換時期は約一か月と言われています。

見た目には大丈夫そうでも毎日使っていると、歯ブラシの毛の根元に菌が繁殖してきます。

定期的に交換するようにしましょう。

ちなみに筆者は、予備を常に用意しておいて月が替わったら、その初日に交換するようにしていました。

ぞうきん

前述したとおり、入居してすぐに床掃除のために必要になります。

ぞうきんは、固く絞ってから力をあまり入れすぎないように、サッと拭くようにしましょう。

後にタオルが古くなったら、捨てずにぞうきんとして再利用すると経済的です。

ゴミ袋

初日はどうしてもゴミがたくさん出ます。

レジ袋などを使用してもすぐに一杯になってしますので、できれば30Lや45Lのゴミ袋を使う方が片づけやすいです。

ゴミ袋は地方自治体によって異なりますので、スーパーやホームセンターの売り場をチェックすると、その土地で使用できるゴミ袋が購入できます。

使用できるゴミ袋が、有料になるのか無料で特に指定がないのかは、前もって調べておいてそれに合ったものを用意してください。

スマホ・携帯の充電器

初日の忙しさで、つい忘れてしまいがちですが充電器も必需品です。

特に初日は電話連絡をしたり調べものに携帯を使用する事が多く、電源が切れて慌てないように必ず用意して下さい。

最後に

いかがでしたか?

初日にしてはやる事が意外と多かったと思います。
そんな中でもしっかりと準備をして、気持ちよく新生活のスタートを切りましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。