生活

男の一人暮らし!早めにしておきたい手続きと揃えたい必需品とは!

男の一人暮らし!早めにしておきたい手続きと揃えたい必需品とは!

無事に入居初日を終えてホッとしている間もなく、今度は日々の暮らしの中で自分に合った物を揃えなければなりません。

生活していく上で必要なものはその人の生活スタイルによって違ってきます。
また引っ越した後に行う手続きも個人によって異なります。

そこでここでは、忘れないうちにやっておきたい『引っ越し後の手続き』と、これだけは早めに揃えた方いいと思う『基本的に必要になる物』を解説していきます。

早めにやっておきたい!引っ越し後の手続きとは?

手続きには何日以内と期限が定められているものがありますので、できれば一週間以内に済ませておけば安心です。

必要な手続きは人によって異なりますので、前もってチェックして忘れないようにして下さい。

主な手続きは下記の通りです。

  • 転入届の提出
  • 国民年金・国民健康保険の手続き
  • 印鑑登録
  • 運転免許の住所変更届け
  • 車庫証明の取得申請
  • 車検証の住所変更手続き
  • 銀行・クレジットカードの住所変更
  • スマートフォン・携帯電話の住所変更

転入届の提出

ほかの市区町村から引っ越して来た場合は、転入届を出さなければなりません。

以前住んでいた所で転出届を済ませていると思いますが、その時発行された「転出証明書」が必要になりますので忘れずに用意しましょう。

手続きは引っ越してから14日以内に、引っ越し先の市区町村の役所・役場の窓口で、「住民異動届」に記入して提出して下さい。

届け出に必要な物
 ◦転出証明書
 ◦本人確認書類
 ◦印鑑

ユッキー
ユッキー
同じ市区町村内で引っ越す場合は『転居届』
手続きに必要な物は転入届と同じだよ!

国民年金・国民健康保険の手続き

国民年金や国民健康保険に加入している方は手続きが必要になります。

ただし会社勤めで厚生年金や健康保険に入っている方は申請は不要です。
会社の方で手続きしてくれます。

国民年金の手続き

引っ越し先の市区町村の役所・役場で住所変更の手続きを行います。
ちなみに引っ越し元では手続きする必要はありません。

国民年金に加入している方は引っ越してから14日以内に、引っ越し先の市区町村の役所・役場で手続きを行ってください。

転入届を出すついでに済ませた方がいいと思います。

届け出に必要な物
 ◦国民年金手帳
 ◦印鑑

学生の方の場合は20歳以上になると納付義務が生じます。

でも学生納付特例という制度によって免除申請が可能になります。

国民健康保険の手続き

こちらも引っ越し先の市区町村の役所・役場での手続きになりますが、その前に引っ越し元での、国民健康保険の資格喪失届を引っ越し前に必ず済ませておいて下さい。

資格喪失の手続きは、引っ越した後でも14日以内であればできますが、引っ越した後に以前住んでいた所に戻って手続きにするのは大変なので、引っ越す前に済ませておきましょう。

国民健康保険の加入手続きは引っ越してから14日以内に行います。

もしも忘れて加入手続きを行わなかった場合、後で医療費が全額自己負担になることもあります。

忘れずに転入届を提出した時に一緒に手続きするようにして下さい。

届け出に必要な物
 ◦転出証明書
 ◦本人確認書類
 ◦印鑑

印鑑登録

印鑑登録を新たに取得したい方や以前に印鑑登録をしていた方は、引っ越し先の市区町村の役所・役場で手続が必要になります。

また以前に印鑑登録をしていた方は、引っ越し前に印鑑登録の廃止手続きを済ませておく必要があります。

印鑑登録には特に申請期限は設けられていませんが、引っ越した日から申請はできるので早めに申請しておいた方がいいでしょう。

新車の購入や中古車の売買、生命保険や自動車保険の加入などは実印が必要ですから、後で慌てないように準備しておいた方がいいです。

届け出に必要な物
 ◦登録する印鑑
 ◦本人確認書類

運転免許の住所変更届け

運転免許証を持っている方は,自動車を所有していなくても住所変更手続きが必要になります。

住所変更の手続きは、引っ越し先の警察署・運転免許試験場・運転免許更新センターのいずれかに行って、『運転免許証記載事項変更届』(それぞれの場所にあります)に記入して提出します。

なお提出期限はありませんが早めに提出するようにしましょう。

運転免許証は身分証明書としても使うことが多く、住所変更をしておかないと免許更新などのお知らせが、現住所に届かない事になり免許証が失効してしまうおそれがあります。

忘れずに住所変更の手続きを済ませておきましょう。

届け出に必要な物
 ◦運転免許証
 ◦新住所が確認できる以下の書類のうちのいずれか一点
  ・新住所の健康保険証
  ・新住民票(マイナンバーが記載されていないもの・コピー不可)
  ・新住所の消印付郵便物
  ・新しい住所がわかる公共料金の領収書
  ・マイナンバーカード(新しい住所に変更済みのもの)

確認書類のマイナンバーカードを取得している方は、引っ越し先の市区町村の役所・役場窓口で住所変更の手続きをして下さい。

引っ越しから14日以内にしなければならないので早めに手続きしましょう。

車庫証明の取得申請

引っ越しで自動車の駐車する場所が変わった場合は、車庫証明の手続きが必要になります。

車庫証明の変更手続きは、引っ越して15日以内に新住所を管轄する警察署の窓口で、申請書をもらってから記入して提出します。

新しい車庫証明が交付されるまで一週間ほどかかります。

車検証の住所変更手続きにも車庫証明が必要になるので、引っ越したら出来るだけ早く手続きを済ませましょう。

届け出に必要な物
 ◦自動車保管場所証明申請書
 ◦保管場所標章交付申請書
 ◦保管場所の所在図・配置図
 ◦保管場所使用権原疎明書面→保管場所が自分の所有地の場合
 ◦保管場所使用承諾証明書→保管場所に駐車場を借りる場合
 ◦印鑑

自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図・配置図の3点は警視庁のホームページからダウンロードできます。
記入例も載っていますので見ながら記入しましょう!

車検証の住所変更手続き

引っ越したことによって所有者の住所が変わっているため、車検証の住所変更手続きが必要になります。

手続きをしないと、自動車税の納付書やリコール・保険の案内などが届かないなど、後にトラブルの原因になる事もあります。

また、普通自動車と軽自動車では手続きをする場所が異なります。

  普通乗用車 軽自動車
手続きをする場所 引っ越し先の管轄の運輸支局 引っ越し先の管轄の軽自動車検査協会
手続きをする期間 引っ越しから15日以内 引っ越しから15日以内
必要な物 ・印鑑
・自動車検査証(車検証)
・新しい住民票
・申請書(運輸局で入手)
・自動車保管場所証明書(車庫証明書)
・手数料納付書(運輸局で印紙を購入)
・印鑑
・自動車検査証(車検証)
・新しい住民票
・自動車検査証記入申請書
・軽自動車税申告書

管轄が異なる運輸局に引っ越すとナンバープレートが変更されるので、手続きには車両の持ち込みが必要です。
またナンバープレートの交付手数料も必要になります。

銀行・クレジットカードの住所変更

銀行の住所変更

銀行口座の住所変更をすぐにしなくても口座自体使えなくなるわけではなく、キャッシュカードもこれまで通り使えます。

しかし転送不要郵便物ような銀行からの重要な通知が届かなくなったり、宛先不明で返送されるとATMやネットバンキングの利用が一部利用制限される事があります。

そんな事にならないためにも、引っ越したらなるべく早く住所変更を済ませておきましう。

銀行の住所変更手続きの方法
 ●銀行窓口での手続き
  住所変更届に記入・捺印して、本人確認書類(運転免許証・保険証など)と通帳を提
  出します。
 ●電話での手続き
  電話で住所変更届の書類を請求して、届いたら記入・捺印して身分証明書のコピー
  と一緒に郵送します。電話では口頭確認になるため、暗証番号・住所・口座情報な
  どを用意して行うようにしましょう。
 ●インターネットでの手続き
  インターネットバンキングの契約をしている場合は、ログインしてから必要事項を
  記入して住所変更の申請をします。契約をしていない場合は、ホームページから申
  込書をダウンロードし、必要事項を記入・捺印して身分証明書のコピーと一緒に郵
  送します。 

クレジットカードの住所変更 

変更手続きの期限はありませんが、クレジットカード会社は何よりも信用が大事になるので、何かあったら最悪の場合は解約という事も考えられるため、引っ越し先が決まったら早めに変更手続きをしましょう。

今はほとんどのクレジットカード会社が、ホームページから住所変更を行うことが可能になっているので、案内に沿って入力すれば簡単に済ませる事ができます。

スマートフォン・携帯電話の住所変更

スマホや携帯の住所変更期限は設けられていませんが、通信会社からの郵便物が届かないと使用できなくなる恐れもあるので、必ず変更手続きを行ってください。

手続きはインターネット・電話・携帯ショップの窓口で行うことができます。

◦インターネット
 ・手続き方法ー各携帯会社のホームページ
 ・必要なものー登録者情報(IDやパスワード)、電話番号

◦電話
 ・手続き方法ー各携帯会社に連絡
 ・必要なものー暗証番号(契約時に設定)、電話番号

◦携帯ショップの窓口
 ・手続き方法ー各携帯の店舗
 ・必要なものー携帯電話、新住所が記載されている身分証明書

手続きはインターネットがオススメです!
24時間利用で簡単に手続きする事ができます。

 

早めの揃えておきたい必需品とは?

男性が一人暮らしで必要なものは意外と多いものです。

そして必要だろうと思って購入したものが、使われることなくホコリをかぶっているという事もよくあります。

自分にとって本当に必要なものは何かをよく考えて、無駄な買い物をしないように計画的に揃えるようにしましょう。

揃えておきたい家電

●冷蔵庫

備え付けで付いている事もありますが、冷凍庫が使い物にならず食品もあまり入らないので新しく購入した方がいいです。

一人暮らし用なら120~150Lの物で十分です。

●洗濯機

コインランドリーで代用できますが近くになかったり、あってもその度に外に出るのは非常に手間です。費用の面でも長い目で見れば得になりますので揃えておきましょう。

一人暮らしだとドラム式は必要ないと思いますので、縦型で5㎏ぐらいの物が良いでしょう。

●エアコン

ほとんどの場合最初から設置されている事が多いですが、古いアパートだと設置されていない事もありますので必ず確認して下さい

不動産屋さんに交渉して付けてもらえる事もありますが、それでもだめなら購入を考える必要があります。

エアコンは新しいタイプの方が省エネ設計になっているので電気代が安くて済みます。

設置されているエアコンが古い型の場合は電気代が高額になる事があります。

筆者の時もチョット古いかなと思いながらも特に問題がなかったのでそのまま使用していたら、通常3千円台だった電気代が1万円をはるかに超えてビックリした事があります。

あまりにも古い物が付いていたら不動産屋さんに交渉してみましょう。 

●テレビ

テレビ本体がなくてもパソコンやスマホで視聴することが出来るので、必須アイテムではなくなってきています。

とは言え、やはり大画面で見たいという方も多いと思うので設置しておいた方がいいでしょう。

今では4K対応などにこだわらなければ、大画面の液晶テレビも安価になってきていますので32~40型の物を選んでもいいと思います。

●電子レンジ

一人暮らしで自炊しない方でも、お弁当やお惣菜・飲み物なども簡単に温めることが出来てあるととても便利な家電です。

使用頻度も高い家電ですから出来るだけ早めに揃えておきましょう。

●掃除機

一人暮らしの部屋はそんなに広くないと思うので、スティックタイプのコードレスがオススです。

しかし掃除機がなくてもフローリングはクイックルワイパー、ラグマットはコロコロクリーナーで代用できるし、マメに掃除機をかけるのでしたらハンディクリーナーの方が使いやすい場合もあります。

●炊飯器

料理を全くしない方でも、あると食材の節約になるので揃えておいた方がいいでしょう。

マイコンとIHがありますが、料理にこだわる人以外はどちらでもよいと思います。

一人暮らしだと3合タイプがオススメで、多めに炊いておいて100円ショップに売っている温め専用容器で冷凍保存しておけば、電子レンジで温めるだけですぐにあたたかいご飯が食べられます。

●電気ケトル

カップ麺をよく食べたり、コーヒーなどのホット飲料をよく飲む方には重宝する家電です。お湯がすぐ沸くので、やかんやポットの代わりになります。

●ドライヤー

特に髪の長い方には必需品です。実家で愛用の物があったら忘れずに持参するようにしましょう。

くしやヘアブラシを使用する方はいっしょに揃えてください。

●電気シェーバー

男性には毎日の身だしなみとして必要な物になります。

カミソリで処理する方も、朝に時間がない時には簡単に済ませる事ができるので用意しておきましょう。

揃えておきたい生活用品

●テーブル・ソファー

テーブルは食事をしたりパソコンや書き物をしたりと、使用する頻度が非常に多いので必需品です。

普通のテーブルだと折りたたみの物が収納にも便利で使いやすいですが、冬の寒さを凌ぐのでしたらこたつテーブルを選ぶといいです

ソファーは場所を取って部屋が狭くなるので無理に揃える必要はありませんが、どうしても欲しい場合はきちんとサイズを測ってから購入するようにしましょう。

ベッド・布団

ベッドは収納付きの物を選ぶと便利に使えます。

部屋を広く使いたいのなら、ベッドを置かないで布団を敷いた方がいいでしょう。

布団は敷き・掛け布団とシーツ、枕、枕カバーが基本セットになります。
ほかに季節物として夏はタオルケット、冬は毛布を用意すると完璧です。

●収納用品

カラーボックス・収納家具・衣装ケース・たんす・ハンガーなど自分の生活スタイルに合わせて揃えるといいです。

けっこう場所を取る物もありますので、必ず設置するところのサイズを測ってから購入するようにしましょう。

●ゴミ箱

用途に合わせて複数用意すると便利に使用できます。またその地域指定のゴミ袋も忘れずに用意して下さい。

●ティッシュペーパー

必要な時に無いと困るものですから、すぐに手が届く所に置くようにして下さい。3~5個セットの物を購入して常にストックしておきましょう。

●掃除用品

部屋用・お風呂・トイレの種類別に洗剤が必要です。

またフローリング用のモップやぞうきん、お風呂用・トイレ用各ブラシにバス用スポンジが揃っていればOKです。

●洗濯用品

洗濯用洗剤は必須ですが、購入するときは洗浄力を第一に考えて選ぶようにしましょう。

洗剤は次の3種類があります。
・粉末
価格が安くて洗浄力が高い。水に溶けづらく低温だと溶け残る事があります。
・液体
粉末より価格が高いが水に溶けやすく一回の使用量が少なくて済みます。
・ジェルボール
計量の必要がなく濃縮洗剤が入っているので汚れ落ちがいいですがコスパが悪いです。

ほかに必要であれば、柔軟剤・漂白剤・洗濯ネットなども用意しましょう。

あと洗濯干し用に物干し竿・ハンガー・洗濯バサミ・ランドリーバスケットなどが必要になります。

揃えておきたいキッチン用品

●ガスコンロ

男性でも料理をするという方には必要になりますので、引っ越し先にガスコンロが設置されていない場合は用意しましょう。

料理をしない方でも、レトルト食品をあたためたり袋麺を茹でたりするときに使えますので、一口タイプや卓上IHコンロを購入しておけばOKです。

鍋・フライパン

あまり小さいと使いづらいので、20~24㎝くらいの大きさのものがいいでしょう。

料理をあまりしない方でも、ラーメンやパスタを茹でたり目玉焼きを焼いたりするときに使えますので揃えておいた方がいいです。

●包丁・まな板

全く料理をしない方には必要ありませんが、少しは料理をという方には必要になりますので、自分で使いやすい形やサイズの物を選んでください。

●食器・グラス

食事用に茶碗・汁椀・大小の皿・箸、飲料用にグラス・マグカップなどを揃えておきましょう。

また破損したり友達が遊びに来た時のために、各2個ずつ揃えておけばさらに安心です。

●調味料

料理を全くしない方でも、砂糖・塩・醤油・サラダ油は必要になるので、少量タイプの物で構わないから揃えるようにして下さい。

他にお好みで、マヨネーズ・ケチャップ、ソース・こしょう・七味唐辛子など自分に必要な物を用意して下さい。


以下にそれ以外で揃えておきたいキッチングッズを挙げておきます。

ほかに揃えておきたいキッチン用品

■食器用洗剤 ■食器用ふきん ■台拭用ふきん ■スポンジ
■お玉 ■しゃもじ ■ザル ■ボウル
■フライ返し ■スプーン ■ラップ ■保存容器

 

揃えておきたい風呂・洗面・トイレ用品

●タオル

ハンドタオル・フェイスタオル・バスタオルを各3枚くらい持っていると、洗濯をしても余裕をもって使用できます。

なお新品のタオルは吸水性が悪いので一回洗濯をしてから使うといいです

●シャンプー・ボディーソープ

自分の気に入っているものを用意して下さい。また人によっては、リンスやコンディショナーも必要になると思うのでいっしょに揃えるようにしましょう。

ボディーソープは固形と液体があって、成分が違うため固形の方が低刺激で洗浄力が強いです。でも泡立てる手間がかからないぶん液体の方が取り扱いやすいので自分に合った方を選んで下さい。

詰め替え用を購入した方がコストも抑えられるしエコにもなります。

●オーラルケア用品

歯ブラシと歯磨き粉をセットで、電動歯ブラシを使う方は予備で電池も用意しておいた方がいいです。

他には歯磨き用のコップや歯ブラシスタンド、デンタルクロス・デンタルリンス・歯間ブラシなどの口内ケア用品をお好みで用意しましょう。

●トイレットペーパー

シングルとダブルがありますので、実家で使用していた使い慣れた方を購入して下さい。

トイレットペーパーは必需品ですので、常に在庫のチェックをして切らさないように注意しましょう。

 

最後に

ちょっと長くなってしまいましたが、それだけやる事や揃える物が多いという事ですね。

各手続きの方は期限内に行うものが多いので、できれば一週間以内に済ませるようにしましょう。

生活用品はここで取り上げた物を揃えておけば大丈夫ですが、人によって生活スタイルは様々ですので本当に自分が必要だと思うものだけを最初は揃えるようにして下さい。

最初から完璧に揃えようとしないで、購入するかどうか迷ったらとりあえず保留にしておいて、生活する中で本当に必要だと確認出来てから購入すると失敗しません。

必要な物を揃えたあとは少しずつ自分の好みに合う物を付け足していって、ゆっくりと快適な生活が送れる部屋を作り上げていきましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。