政治

石垣のりこ参院議員はヤバイ性格?アナウンサー時代や議員の評判は?

 

立憲民主党所属の石垣のりこ参議員議員のTwitter発言が話題になっています。

2020年8月28日の安倍総理辞任の一報を受けて、安倍総理に対し自身のTwitterで
大事な時に体を壊す癖がある危機管理能力のない人物」と発言しました。

この発言を聞いて『えっ?』と思いましたね。

特に「体を壊す癖」という表現を初めて聞きました。

病気になった人を癖という表現はどうなんだろうと思います。

病気には誰だってかかりたくないですし、自分でコントロールすることはできませんよね。

議員の資質というよりも人間性を疑ってしまうような発言に思われます。

この発言に大反発が起こっていますが当然のような気がしますね。

 

そんな石垣のりこさんの性格が気になります。

また昔のアナウンサー時代や議員としての評判を調べてみました。

 

石垣のりこ議員の性格は?

Twitterでの発言が話題になっている石垣のりこさんですが、書き込まれているツイートを見ても性格が悪いという意見が多いみたいです。

自分の思っている事は直感的に発言してしまう性格だと思われます。

まわりの事はあまり気にせず、自分の思ったことはまっすぐに行動するタイプですね。

政治家としてはその性格がプラスに作用すれば長所になるかもしれませんが、人の気持ちを考えないような発言は政治家としてはどうかなと思うし、もう少し慎重になるべきだと思います。

 

特に今回の発言は直接自分の口から直接出たわけではなく、一度文字に書き起こしています。

つまりワンクッションあったわけで、普通はこれはちょっとおかしいかなと考えることが出来たと思います。

しかし、思ったことを直感的にそのまま文字にしてしまったものと思われます。

性格がそのまま出てしまいましたね。

政治家として大きなミスをしてしまいました。

 

石垣のりこさんは、中学と高校で生徒会長を務めたそうです。

リーダーシップをとってまとめ上げる能力はその時からあったと思うので、政治家向きの性格かもしれませんが、自分の発言の影響力を軽く考えているような気質があるのかもしれません。

 

アナウンサー時代の評判は?

石垣のりこさんは、1998年から21年間エフエム仙台でアナウンサーを務めています。

番組制作からパーソナリティ・商品開発など様々な企画を担当し、人気アナウンサーとして活躍していました。

いい声と優しい口調で話すアナウンサーでファンも多かったようです。

宮城県では知名度が高くて、好印象のイメージが強いみたいですね。

政治家の彼女とは全く異なった印象です。

 

だから政治家になってすっかり変わってしまったという方が多いようです。

でも私は変わったのではなく、もともと持っていた性格をアナウンサー時代には抑えていて、政治家になってから自分の本当の性格を前面に出していったのではないかと思っています。

政治家になって1年程でガラッと性格が変わるとは思えませんから。

 

議員になってからの評判は?

先程から書いていると通り議員になってからの評判はあまりよくありません。

そして今回の前にもTwitterで話題になったことがあります。

2019年の11月に嘉悦大学の高橋洋一氏をレイシストやファシストと呼んで多くの反対意見が寄せられました。

この一件で懲りたはずですが、同じ過ちを繰り返した形になりましたね。

繰り返し言いますが発言に慎重さが足りていないと思います。

 

さらに2020年1月29日に国会で安倍総理に「本来であれば新型肺炎を質疑したいところだが桜を見る会を質疑する」とやって、国民の安全より桜の会のほうが大事っておかしいだろうと国民からひんしゅくを買いました。

これも問題発言として話題になりましたね。

彼女は国民の意思よりも自分の考えに沿って進む傾向があるみたいですね。

 

石垣のりこさんが議員に当選した時に、「消費税を撤廃します。法人税と所得税そして物品税だけで十分補えます。」と発言していました。

これを聞いて『おおっ!』と思いましたが、でも無理だろうなと感じました。

彼女はこの事に関して、何かのアクションをしたのでしょうか?

難題だと思っていても、そのことに対して一生懸命努力をしていればとても好感が持てるのですが、ただ言っただけのような気がします。

そして数々の問題発言を考えると政治家としてどうかなという思いが強くなりましたね。

 

最後に

今回は石垣のりこ参院議員はヤバイ性格?アナウンサー時代や議員の評判は?という内容で記事をまとめました。

今回の発言に対して石垣のりこさんが謝罪をしたみたいですが、謝罪の態度が悪いとか議員を辞めろとかの意見も出てきてるみたいですね。

今回の件も含めて議員としての評判があまりよくないので、これを挽回するのは大変なことだと思います。

議員を続けるのであれば、国民の意見をよく聞いて、みんなに信頼される議員を目指してほしいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!