芸能・テレビ

木下ほうかの実家は裕福?高校大学も調査!本名がかっこいい!

 

木下ほうかさんは個性的な演技が魅力の名バイプレーヤーとして人気がありますね。

コロナ禍では仕事が減ったようですが、その分自宅でまったりと過ごして、英気を養っていたそうです。

そんな木下ほうかさんの実家は、裕福でお金持ちではないかと言われています。

その噂は本当か気になりますよね。

そして高校や大学、意外な本名についても調査してみました。

 

木下ほうかの実家は裕福?

木下ほうかさんの実家は大阪府の大東市あります。

父親は一級建築士をしていて、実家はプール付きの大豪邸だそうです。

一級建築士は合格率が総合で10%前後と、国家試験の仲でも難易度が高い資格です。

その分高年収の人も多く、プールまである事を考えると、裕福な家庭だったと想像できますね。

また一級建築士の人が自宅を設計する場合、自分の知識を駆使して、凝った設計をする人が多く、木下ほうかさんもそんな豪邸に住む「お坊ちゃま」だったかもしれません。

 

木下ほうかの高校大学は?

木下ほうかさんは16歳でオーディションに合格して、映画「ガキ帝国」で俳優デビューをしています。

したがって、高校大学は俳優をしながら通っています。

木下ほうかの高校はどこ?

木下ほうかさんの出身高校は

大阪府立野崎高等学校

です。

男女共学校で、偏差値は37と比較的入学しやすい高校です。

少し荒れているというイメージがあるかもしれませんが、それほどでもないようで、楽しく学校生活が送れたという人も多いようですね。

木下ほうかさんは、高校時代はヤンキーだったのではないかと言われています。

しかし、本人の話によると、ヤンキーではなくて、当時流行っていたヤンキーファッションを取り入れていただけだという事です。

でも、ヤンキーファッションで剃り込みまで入れて、集会にも参加していたそうですから、それってやっぱりヤンキーですよね。(笑)

また当時、バンドを組んでいて、いろいろな楽器を購入して試してみたけど結局ダメで、最終的にはボーカルを担当したそうですよ。

意外ですね。

今でも歌は上手いかも?しれませんね。

しかもこの頃は、俳優ではなくて、なんとアイドルになりたかったそうです。

道を間違えずに俳優に進んでよかったですね。(笑)

木下ほうかの大学はどこ?

木下ほうかさんの出身大学は

大阪芸術大学芸術学部

です。

偏差値は42で比較的に容易な部類の大学です。

ヤンキーをやっていたのに、なんで大阪芸術大学芸術学部に入ったのかというと、「役者を目指していたから」だそうです。

大学に入るために、集会を途中で抜け出して、家に帰ってちゃんと試験勉強をしていたと言います。

大学に入学してからは、周りの不良仲間がみんなその時に離れていったそうですよ。

大学に行った時、パンチパーマだったのは自分ともう一人だけだったから、恥ずかしくてすぐに落としたそうです。

大学では舞台芸術を専攻していて、後輩に俳優の古田新太さんがいます。

学生時代に同じラーメン店でアルバイトをしていたそうです。

大学卒業後は「吉本新喜劇」に入団しています。

 

木下ほうかの本名がかっこいい!

木下ほうかさんの本名は

 木下鳳華

と言います。

名前の部分をひらがなにして芸名にしているのですね。

それにしてもなんて優美な名前なんでしょう。

鳳凰の「鳳」に「華」ですよ。

鳳凰は愛と幸せを運ぶ鳥と言われています。

ステキでかっこいい名前ですね。

本名のままでもよかったのではないかと思いますが、読みづらかったり、少し硬い雰囲気があるので、ひらがな表記にしたのでしょう。

でも本名はSNSで「漢字がめっちゃカッコいい」と評判になっていたようです。

 

まとめ

木下ほうかさんを調査した結果

・木下ほうかさん実家は父親が一級建築士で裕福の金持ち

・木下ほうかさんの出身高校は大阪府立野崎高等学校

・木下ほうかさんの出身大学は大阪芸術大学芸術学部

・木下ほうかさんの本名は木下鳳華

という事がわかりました。

木下ほうかさんはフジテレビのテレビドラマ「昼顔」で注目を集めてからは、様々なドラマに出演して、その存在感を示しています。

趣味は献血とバイク、そしてロレックスのコレクターとしても知られています。

プライベートでもその充実ぶりがわかりますね。

俳優としてもまだまだ頑張っていただきたいと思います。

 

貴重な時間を使って最後までお読みいただきありがとうございました。