政治

二階幹事長続投で外交政策の行方は?気になる官房長官の候補は?

 

自民党総裁選で有利と見られている菅義偉官房長官が、9月16日に臨時国会を召集すると発表しました。

そこでは総裁選出馬を支援してくれた、二階幹事長を続投させる意向であることがわかりました。

ああ、やっぱりかという感じですね。

菅さんが出馬を表明した時点で、圧倒的有利が伝えられていたので、二階さんの続投はある程度予想していた通りと言えるでしょう。

そこで今後の日本の外交政策がどうなるのか気になるところです。

また菅さんの後任の官房長官候補にも注目が集まるところなので調べてみました。

 

二階幹事長続投で外交政策の行方は?

菅さんが総理に就任すると、心配されているのが二階さんの考えにNOと言えるかということです。

本人は大丈夫と言っているみたいですが、二階さんには頭が上がらないとも言われていますからね。

もし二階さんの意見に押されるようだと、菅さんの立場も悪くなるかもしれません。

というのも二階さんの評判が決していいとは言えないからです。

まず古い体質の筆頭のように思われていますね。

政治がいつまでも変わらないのは、高齢の議員がずっと居座っているからで、若手の議員にどんどん変えていくべきだという人がとても多いです。

 

そして二階さんはアメリカより中国を選ぶと豪語しています。

つまり親中・親韓政策を取ろうとしているわけですね。

中国の習近平国家主席を国賓で招くという考えも、いまだに強く持っているでしょう。

ただし、多くの国民は中国や韓国の傲慢な態度にあきれ返っているところがあります。

今の東アジアの情勢を考えると危険だと思ってるんですよ。

そこで二階さんの政策が強く出てくるようだと、菅さんの支持率が急激に落ち込む事が予想されますね。

菅さんは外交に関しては安倍さんの政策をどれだけ継承できるかという事です。

 

自民党役員人事で気になる官房長官候補は?

菅さんの後任の『ポスト菅』として浮上してきたのが次の6人です。

 ●萩生田光一文部科学相

 ●河野太郎防衛相

 ●加藤勝信厚生労働相

 ●森山裕国対委員長 

 ●梶山弘志経済産業相

 ●小泉進次郎環境相

この中では小泉さんだけが若いですが、その分役不足の感が強いですね。

やはり、総理候補でも注目された河野さんを推す声が高いようです。

でも一方では河野さんには引き続き防衛大臣をやってもらって、しっかり日本を守ってほしいという意見もあります。

あとは官僚へのにらみが効く萩生田さんも人気があるようですが、はたしてどうなるでしょうか?

 

※追記

16日に菅内閣を発作させ、組閣人事で加藤勝信厚生労働相の官房長官就任を発表しました。

私個人としては予想外の人事でしたが、加藤さんの手腕に期待したいと思います。

 

まとめ

今回は二階幹データベース長続投で外交政策の行方は?気になる官房長官の候補は?と言うテーマで記事を作成しました。

菅さんが長期政権を狙うのであれば、国民の考えに沿った人事をしっかりと揃えることが大事ですね。

二階さんの続投記事が出ても、「何とかそれだけはやめてくれ」と言う意見が多いのには驚きます。

それだけ今の日本の危機を心配する声が大きくなってきているのでしょう。

とにかく菅さんの今後の人事には注目ですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!