政治

菅官房長官が総裁選出馬でどうなるポスト安倍!次期総裁に国民の声は?

 

2020年8月28日の安倍総理辞任から2日たった30日、菅官房長官が自民党総裁選に出馬する意向を二階幹事長に伝えたそうです。

9月1日以降に正式に表明するみたいですが、ああやっぱりと思いましたね。

菅さんは29日の時点で「総裁のイスはまったく考えていない」と発言していましたが、出馬すれば大本命になるわけで、出てくる可能性は高いなと思っていました。

菅さんの出馬表明をみなさんはどう思いますか?

 

そこで今回は

◦菅官房長官が総裁選出馬でどうなるポスト安倍と

◦次期総裁に国民の声は

というテーマで記事にしていきたいと思います。

 

菅官房長官が総裁選出馬でどうなるポスト安倍!

菅官房長官が二階幹事長に出馬を伝えたことで二階さんも「頑張ってほしい」と応援する姿勢を示したみたいです。

もしこの二人は手を組めば100票余りの議員票を獲得したことになりますね。

有力視されている岸田政調会長の岸田派が47名で、派は19名ですから菅さんは圧倒的に有利になります。

これで麻生派や細田派そして竹下派がどう動くのかが気になってきます。

特に菅さんとあまり折り合いがよくないと言われている麻生副総理の動きや劣勢に立たされた石破さんの動向が気になりますね。

 

この出馬の後すぐに石破さんは「党員、党友投票が実施されるかどうかを見定めてから判断する」と述べました。

総裁選に前向きだった石破さんでしたが、菅さんの出馬を聞いて慎重になったものと思われます。

私は安倍総理はさんざん自分を批判してきた石破さんにだけは、総理になってほしくないと思っている気がします。

安倍総理の体制をそのまま引き継ぐ形では菅さんがベストなんでしょう。

これでもし麻生副総理が、河野防衛大臣や岸田政調会長を担がなければ、菅さんが総理ですんなり決まりそうな気がします。

そして二階幹事長もそのままという事になるでしょう。

※追記

16日に菅内閣が正式に発足しました。

そして予想どうり二階さんも再選が決まりましたね。

菅新総理がどこまで自分の意見を通せるかですが、その点はとても不安が大きいです。

今後に注目したいと思います。

 

次期総裁に国民の声は?

菅官房長官の総裁選出馬前から、みなさんのコメントでは石破さんの不人気がずっと続いています

今、中国や韓国のイメージがあまりよくないので、この両国に歩み寄ろうとしている石破さんだけは総理になってほしくないという事ですね。

 

菅さんが出馬を表明してからは、石破さんの可能性は無くなったという意見が多くなっています。

結局、菅さんがいいというわけではなく、石破さんでなければよいという考えのような気がしています。

これって総裁選の考えから少しずれているような気がしますがどう思いますか?

今の候補者の中では支持できる人がいないという事でしょうね。

なんか悲しすぎます。

 

そんな中で今でも圧倒的な支持があるのが河野防衛大臣です。

ちょっと前に行われた、次に総理大臣になってほしいアンケートでも2位以下に倍以上の差をつけていました。

菅さんの出馬要請以降も、相変わらず河野さんを推す声が高いです(もちろん賛否両論ありますが)。

私も現時点では河野さんが一番の適任者だと思っています。中国や韓国に強い意見が言えると思うし、行動力があるように感じます。

河野さんも「仲間と相談したい」と出馬を示唆していますが、どうなるんでしょうか?

 

人選にはいろいろな意見があると思いますが、私は安倍さんの残っている任期を菅さんにショートリリーフでやってもらって、副総理に河野さんがいいですね。

その間、河野さんには総理になるための勉強をしてもらって、菅さんが退陣した後に総理大臣になっていただきたいと思います。

みなさんはどう思いますか?

 

最後に

本日は菅官房長官が総裁選出馬でどうなるポスト安倍!次期総裁に国民の声は?というテーマで記事作成しました。

菅官房長官の出馬でますます総裁選の注目度が高まりました。

しかし世間一般には誰がなっても同じという人が多いですね。

自民党が好きではないけど、野党はもっといや、だから仕方なく与党を支持しているという人もとても多いです。

今回の総裁選も同じような気がしています。

 

本当は40代から50代の若い方に総理大臣になってもらって、行動力のある若い議員に政治を任せるのが理想ですね。

長期間古株の議員が上にいるようだといつまでたっても日本に活気が出ないと思います。

若手の政治家にこれからの日本を期待したいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!