芸能・テレビ

田中道子はハーフって本当?気になる家族を調査!高校大学は?

 

田中道子さんは、モデルや女優として活躍している、とてもキレイな人ですよね。

2013年には「ミスワールド2013」の日本代表に選ばれているので、思わず納得してしまいました。

そんな田中道子さんに、ハーフ説が浮上しています。

はたして本当でしょうか?

そこで、気になる家族や高校大学はについて調査してみました。

 

田中道子はハーフって本当?気になる家族構成は?

田中道子さんの出身地は、静岡県浜松市で父親、母親、兄、姉の5人家族です。

3人兄弟の末っ子で、兄は6歳上、姉は5歳上なので、家族みんなにかわいがられて育ったようです。

母親の出身地は、鹿児島県徳之島なので、日本人だという事がわかりますね。

問題は父親で、田中道子さんからは職業が教師と語られている以外は、まったくわかっていません。

しかし、芸能界に入る事に猛反対して、最後まで許しを出さなかった厳格さは、昭和生まれの日本人のイメージが強いですね。

田中道子さんの名前を付けたのも父親で、「自分の道を歩ける子」という意味らしいですが、「道子」は日本風の名前で、外国の方はあまり思いつかないような気がします。

田中道子さんは、学生の頃に父親と一緒に図書館に行ったり、「テストでいい点数をとったらお小遣いをあげる」と言われたみたいなので、発想も日本人っぽいですね。

田中道子さんは、100%とは言えませんが、ハーフではないと思われます。

ではなぜハーフでは?と思われたかというと、

 ・目鼻立ちがクッキリとしている

 ・日本人離れした抜群のプロポーション

 ・英語が堪能である

などが影響していると思います。

たしかにクッキリとした顔立ちは「ハーフかな?」と思いますが、母親の出身地鹿児島の特徴を強く引いたのでは?とも言われていますね。

また英語は誰かに教わったものではなく、完全に独学によるものだそうです。

 

田中道子の高校はどこ?

田中道子さんの出身高校は

 浜松市立高等学校

です。

偏差値は62のやや難関校で、私立の共学校です。

この高校は2004年まで女子高でしたが、田中道子さんが入学した2005年から共学校に変わっています。

そして共学校に変わって現在は偏差値が67の難関校になっているようです。

田中道子さんは、吹奏楽部に入ってマーチングバンドに在籍しています。

マーチングバンドではリーダーを務めて、全国大会に行ったみたいですね。

高校時代の大切な思い出になったと思います。

また、体を動かすことが好きで、テニスや陸上の高跳びもやっていたそうです。

充実した高校生活を送ったようですね。

 

田中道子の大学はどこ?

田中道子さんの出身大学は

 静岡文化芸術大学 デザイン学部

です。

開校は2000年と比較的新しい公立大学で、偏差値は55くらいです。

なぜこの大学を選んだかというと

 以前から絵を描くのが好きだった

からだそうで、ここで建築学を専攻していました。

そして大学時代に2級建築士の資格を取得しています。

大学2年生の時にはミス浜松のグランプリに輝いています。

この頃には、もう容姿が抜群だったんですね。

そして、就職活動中に芸能事務所の関係者と会った事をきっかけに、芸能界入りを決めています。

大学卒業後はモデルとして活動を開始しています。

 

まとめ

田中道子さんを調査したところ

田中道子さんはハーフの可能性は低い

田中道子さんは父親、母親、兄、姉の5人家族

田中道子さんの出身高校は浜松市立高等学校

田中道子さんの出身大学は静岡文化芸術大学

という事がわかりました。

田中道子さんはモデルだけではなく、「ドクターX」や「絶対零度」などのドラマで女優としても活躍していますね。

バラエティーにも出演していますが、まだ露出が少なくて知名度が低いのが残念です。

ブレイクの可能性は十分にあると思うので、頑張っていただきたいですね。

 

貴重な時間を使って最後までお読みいただきありがとうございました。