芸能・テレビ

上戸彩の相次ぐオスカー退社で気になる今後!移籍するとしたらいつ?

 

上戸彩さんと言えばドラマやCMで相変わらず高い人気を維持していて、絶好調という感じですね。

結婚して出産を経ても好感度が変わらないのは本当にすごいです。

 

しかし上戸さんが所属している「オスカープロモーション」では女優さんの退社が相次いでいて、話題になっていますよね。

もちろん「オスカープロモーション」には男性の方も所属していますが、退社しているのが女優さんが多いというのも気になるところです。

 

相次ぐ退社で、今では武井咲さんと並んで看板女優となった上戸さんですが、事務所の相次ぐ退社騒動でその動向が注目されています。

そこで今回は上戸彩の相次ぐオスカー退社で気になる今後!移籍するとしたらいつ??というテーマで記事を書いていきます。

 

上戸彩のオスカー退社が浮上した理由は?

「オスカープロモーション」を2020年8月31日付けで 剛力彩芽さん、福田沙紀さん、紫吹淳さん、堀田茜さんの4人が退社した事がわかりました。

剛力彩芽さんと福田沙紀さんはニュースで取り上げられていたので知っていましたが、残りの2人は知らなかったので、4人という数字に改めて驚きました。

これで2020年になってからは、米倉涼子さんを筆頭に10人ほどが退社した事になります。

まさしく異常事態ですね。

 

「オスカープロモーション」は2020年3月に社長が交代していますが、そのことが原因ではないかと言われています。

新社長の下では仕事を続けたくないと退社を決めた人が多いという事ですね。

そして8月の4人退社を受け、上戸さんも退社したいという気持ちが強くなってきたのではという事です。

現時点では退社か残留かは、はっきりしていませんが、どちらにしても理由がありそうですので、もう少し深掘りしてみたいと思います。

 

上戸彩がオスカーを今後退社する理由

●ギャラの問題

オスカーでの上戸さんのギャラの取り分が少ないと言われています。

CM一本で5千万以上と言われている彼女は、その不満に社長交代の要因が合わさって退所を決断するのではと言われています。

少し前には所属タレントの藤田ニコルさんもギャラの取り分でもめていましたね。

退社した方の中にも同じ理由の方がいたみたいです。

ギャラの配分の問題があるかもしれません。

 

●移籍に問題がない

夫である EXILEのHIRO さんが会長を務める『LDH』にマネージメント担当として移籍することが出来ます。

今のオスカーより働きやすい環境を望む気持ちが強くなれば、移籍するのではと言われています。

 

上戸彩がオスカーを今後残留する理由

●育ててもらった会長への恩義

「オスカープロモーション」の会長である古賀誠一氏と6月に行われた面談で、コロナ禍での状況や体調を心配してくれた古賀会長に「私は会長がいらっしゃる限り、辞めませんから 」と伝えたそうです。

社長が交代して体制が変わっても、小学生の時からずっと育ててくれた古賀会長の恩はずっと忘れないという事でしょう。

この気持ちの変化がない限りは、古賀会長がいる間だけでも残留の可能性が高いかもしれません。

 

●事務所への愛着心

古賀会長への気持ちと同様に、ずっと所属してきた事務所にも愛着を感じているようです。

会長との面談のちょっと前には、上戸さんが50枚入りで梱包された使い捨てマスクの小箱がつまった大量の段ボールをワンボックスカーで運び込んだらしいです。

しかも、その小箱ひとつひとつに上戸さんの直筆で「コロナで大変ですが、皆さん頑張って下さい」と書かれたメッセージカードが添えられていたそうです。

こんな事なかなかできませんよね。

彼女の性格の良さには定評がありましたが、それを垣間見るエピソードだと思います。

もちろん事務所への愛着審がなければできない事でしょう。

 

上戸彩がオスカーを移籍するとしたらいつ?

上戸彩さんが「オスカープロモーション」を退社か残量かはまだわかりません。

でも、もし移籍するとしたらいつになるでしょうか?

 

彼女は現在人気ドラマ『半沢直樹』で主人公の妻役を好演して話題になっていますが、このドラマ終了後にすぐという可能性は低いでしょう。

古賀誠一会長との絆も深いため、すぐという事はないと思います。

オスカーの契約期間は1年更新の人が多いみたいなので、契約満了に合わせた退社が考えられます。

上戸さんは30代半ばですので、40歳を意識し始める頃に退社を考えるかもしれませんね。

 

まとめ

本日は上戸彩の相次ぐオスカー退社で気になる今後!移籍するとしたらいつ?と言うテーマで記事作成をしました。

相次ぐ「オスカープロモーション」の退社によって、上戸さんの事務所での存在が貴重なものになったと思います。

事務所としても彼女が抜けるのは相当な痛手だと思うので、今まで通らなかった要求が改善されるかもしれません。

したがって事務所残留が得に感じるのですが、はたしてどうなるのでしょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!