芸能・テレビ

山口達也は現在もヤバイ病気?飲酒運転逮捕で復帰は絶望的!

 

元TOKIOの山口達也さんが2020年9月22日に道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕されました。

山口達也さんと言えば、もうすぐ復帰が近いのではないかと言われていましたね。

それだけに「残念だ」と言う声の一方で、「ああ、やっぱり」と言う意見もあります。

そこで山口達也さんの現在の病気と、今後の復帰の可能性についてまとめていきたいと思います。

 

山口達也の現在の病気は「双極性障害」

山口達也さんはずっとアルコール依存症と言われていましたが、その根本的な原因は「双極性障害」によるものです。

双極性障害とは

テンションが上がる躁状態と無気力になるうつ状態を繰り返す精神疾患の事。

世間一般には「躁うつ病」と言われています。

双極性障害は自然に治る事はほとんどなく、再発率が90%以上と高いため、頻繁に再発を繰り返すことになります。

その逃げ道として飲酒に走ってしまい、アルコール依存症になってしまう人もいます。

山口達也さんは双極性障害と診断されていましたから、まさしくこのケースに当てはまるというわけですね。

そして飲酒運転をしたのが午前9時半ごろという事は、その日の夜中からずっと飲んでいたか、あるいは朝から飲んでいたかのどちらかでしょう。

どちらにしても飲酒運転で捕まる時間帯としてはありえない事ですよね。

それだけに深刻な病症に陥っていたと思われます。

ほかにも芸能人でこの双極性障害になった方がいます。

ナイティナイン・岡村隆史さん

遠野なぎこさん

泰葉さん

丸岡いずみさん

でも、この方々は病気を克服して元気に頑張っています。

山口達也さんは双極性障害とアルコール依存症ですから、きちんとしたプログラムによる治療が必要だったと思いますね。

 

山口達也の飲酒運転による逮捕で復帰は?

山口達也さんの逮捕でおそらく芸能界復帰の可能性はなくなったと思います。

リーダーであり事務所の社長である城島茂さんが許さないでしょう。

そして前回の事件の時、厳しい意見を述べていた松岡昌宏さんもそうとう落胆していると思いますね。

前回も今回も飲酒が原因ですから、弁解の余地はないでしょう。

実は前回の事件の時に復帰を願う署名運動が起こり、たくさんの署名が集められました。

そして城島茂さんが社長の「株式会社TOKIO」が設立されて、山口達也さんが復帰した時の受け皿も出来ていたわけです。

このファンとTOKIOのメンバーの気持ちを大きく裏切ってしまった罪は、簡単に償いきれるものではありません。

山口達也さんは精神的にも弱い所がありますので、病気の克服も簡単にはいかないと思います。

年齢を考えても復帰のチャンスが絶たれた今、その可能性がなくなったと見るべきではないでしょうか?

 

まとめ

今回は

・山口達也の現在の病気は双極性障害

・山口達也の復帰の可能性は絶望的

という内容で記事をまとめました。

最近は山口達也さんの復帰のうわさが高まっていましたが、それとは別に復帰はあり得ないと言う意見も多く集まっていましたね。

そして今回の事件です。

復帰は完全になくなったという意見がほとんどですね。

とても残念です。

今後は病気としっかり向き合って、生活してもらいたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!